ご挨拶(第35回とちぎの和牛を考える会の開催にあたり)

令和4年9月10日

 

ご挨拶 (第35回とちぎの和牛を考える会の開催にあたり)

                                                                                                                        会長  増 渕    博

とちぎの和牛を考える会の活動にご理解とご協力をいただいている皆様、又日頃よりご支援ご鞭撻いただいている関係機関並びに企業の方々には、考える会として大変有難く感謝申し上げるところです。

考える会の開催も33回(令和2年)、34回(令和3年)とコロナ禍により感染拡大を憂慮し中止しておりました、未だに、コロナウイルスの感染は止まることはありませんが、今年は35回記念大会にあたりますので、開催の方向で検討してまいりました。

又、ワクチン接種や、治療薬の環境も良くなりつつあります、そうした中で、他団体のイベントなども開催される中、我々も、感染対策をしっかりと実施しながら開催しようということになりましたので、会員はもとより皆様にご案内申し上げます。

特別な変異株の出現等もあり、状況が悪化しない限り開催する次第ですので、よろしくお願いいたします。

つきましては、「第35回とちぎの和牛を考える会」令和4年11月25日開催が記念大会として、充実した内容で開催出来ることを信じて皆で頑張ろうではありませんか。

それから、最後になりましたが和牛子牛の生産者、肥育農家はもとより、関係機関の先生方、協賛企業、獣医師、授精師、その他多くの皆様には、開催にあたり毎回ご支援、ご協力いただき誠にありがとうございます、心から御礼申し上げますとともに、今回の記念大会についてもよろしくお願い致しまして挨拶とします。

 



インターネットからのお申込みはコチラ